Nobori

 旗を魅せる

copyright © 2016-2018 広告媒体としてののぼり旗の効果

last updated :


    不況のあおりを受けて昔ながらの商店街がシャッター外に
    変貌してしまったニュースを目にすることは少なくありません。


    その中でもさまざまな努力を重ねて数多くの人々を呼び込みながら
    営業を続けている商店街も日本の中にはたくさんあります。

    商店街のぼり
    飲食店や小売店、さまざまな種類の店舗が連なるこの中で、
    いかにして自分の店舗の前で歩行者たちに足を止めて貰えるかが重要な鍵になります。


    オリジナルのぼりを効果的に使用することは集客を増やす助けとなり、
    収益プラスへの効果を期待できる重要なアイテムなのです。


    のぼり旗は看板や電子広告板などと比べても対比要項かが
    非常に優れている刻々媒体として知られています。


    看板は設置場所に一定のスペースを要すること、設置や取り外しが
    簡単ではないこと、コストが比較的高くなってしまいますが、
    店舗の前によく使用されているこれらの旗はオリジナルのものを
    制作しても非常に低コストで制作することができます。


    周囲の店舗はその一角を賑やかにして人々を集める仲間でありながら、
    訪れた人を自身の店舗に取り込むためにはライバル店でもあります。

    呼び込み
    だからこそ、商店街の中で歩行者の興味を惹き付ける印象を残すデザインの
    旗を制作して効果的に店舗へ誘導することが大切なのです。


    オリジナルの旗を制作するときに大切なことは、訪れた人々に対して
    誰に何を見せたいのか、伝えたいのかを一瞬にしてアナウンスできる
    デザインにすることです。


    また、他の店とは差別化を画できるデザインにして、
    数多くの店舗の中に埋もれてしまわない事も大切です。


    色鮮やかなカラー写真などをプリントすることで目立ものを作る事もできます。


    数多くの店の中で興味を持って貰うためには、何の店か、
    何が特徴かを明確にはっきりと伝えることも重要です。


    複数の旗を使用することで、店の種類と特徴や魅力を効果的に伝えることもできます。

 

新鮮 魅力的 オリジナル性 犯罪の防止 色鮮やか ソフト シチュエーション 商店街 sitemap