Nobori

 旗を魅せる

copyright © 2016-2020 広告媒体としてののぼり旗の効果

last updated :

    のぼり旗の量産システム


    お店が商売を成功させるためには、商品を宣伝するだけでなく
    お店の位置をお客様に正確に伝える必要があります。


    その商品の宣伝とお店の位置を知らせる目的として、軒先や近くの道に設置するのがのぼり旗です。
    のぼり旗は綿などの布を長方形に成型した後に、様々な塗料を使って商品の絵付けや
    店舗の名称を描いた宣伝媒体になります。

    のぼりで宣伝


    実際に店舗の名称と宣伝する商品が視認できるので、興味を持ってもらえたお客様に来てもらいやすくなるのです。


    そんなのぼり旗は、これまでオーダーメイドという形で作られいます。
    オーダーメイドというのは、宣伝したい商品やお店の名前などの情報を
    専門店に伝えたら、後は自由に設計してもらう流れです。


    専門店が伝えてもらった商品とお店のイメージを参考にして絵柄を作るので、
    オリジナル性あふれるのぼり旗となり宣伝効果が高くなります。


    しかしオーダーメイドの欠点は、一枚ずつ丁寧に作るので時間がかかるので量産が難しいです。


    そのためコストもかかってしまうため、基本的に軒先や店頭の前の数本しか受注できない状態になります。
    しかしこれまで量産できなったのが、新しい技術によって量産が可能になっています。


    そののぼり旗の量産を可能にした技術というのが、シルクスクリーン製法とインクジェット技術です。

     

    双方の製法のメリットとデメリット


    シルクスクリーン製法というのは、綿生地のように目に見えない網目が施されている
    生地の性質を利用して印刷する技術のことです。


    まず事前に要望を聞いておいた情報を基に店名と商品を、木枠や画用紙などで型を作ります。


    型を作ったら、何も書いていない生地に乗せて塗料を刷り込みます。
    一枚ずつ手作業で刷り込むので、量産しやすいがオーダーメイドと同じく
    人が作った温かみを感じさせるのです。


    ただ枠を使うとはいえ手作業なので、やはり作成できる枚数に限りがあります。

    手作業で染める


    その点インクジェット技術というのは、印刷機器メーカーと提携をすることによって
    特別に作った無線印刷機器を使った手法です。


    これも事前に店名と商品名そして絵柄の要望を聞いたら、それをパソコンの専用ソフトに打ち込みます。


    パソコンの専用ソフトに打ち込んだ情報を無線印刷機に送信したら、
    印刷機が生地に塗料を印刷していくという形で作成されます。


    使われるインクは防水加工されているので、お店の外において雨にぬれても
    落ちにくいというメリットがあります。


    ただ量産が手軽な反面、やはり数が多いと人工的なイメージが強くなるのです。
    これらの点からお店への道案内にはインクジェットを使い、宣伝目的にはシルクスクリーンという形で
    使い分けをすると効果があります。

新鮮 魅力的 オリジナル性 犯罪の防止 色鮮やか ソフト シチュエーション 商店街 無地 品質 比較 sitemap