Nobori

 旗を魅せる

copyright © 2016-2019 広告媒体としてののぼり旗の効果

last updated :

    のぼり旗は、外からお客を呼び込むためのもの店外での設置が普通です。
    そのためにできる限り目立つものにする必要があります。


    置く場所も店内の敷地の入り口付近になり、店内敷地だけでは目立たないため
    どうしてものぼり旗は、店内の近隣の歩道にかかる置き方になります。
    のぼりで売れる店舗づくり

    店外設置
    しかし歩道は私有地でないことも多くまた私有地であっても
    一般的に人が往来するのでスペースが問題になります。


    これには道路交通法の関係上設置のルールがあります。
    この場合には道路使用許可を取らないと設置できません。
    その許可の基準としては、まずは道路往来の妨げにならないことがあります。
    co-creativity.org


    道路を寸断するあるいは倒れることで、通行人への
    事故の発生の可能性がある場合には許可がおりません。

    目立たせたい
    またこののぼり旗を設置することにより、往来する車に死角を作ることで
    交通事故を発生させる場合にも道路使用許可はおりませんので、
    設置を可能にしたい場合にはなるべく小さくて邪魔にならないが
    目立つものをお勧めします。

     

のぼり旗を道で掲げるときは道路使用許可が必要?

サービス業の店舗では、道行く人々にお店の存在をアピールする為の手法として「のぼり旗」を掲げるのが一般的です。

しかし一般的とはなっているものの実は道路交通法第76条で、「公道に私的財産物による占有は禁止」と記されており勝手にのぼり旗を設置するのは違法です。そのため、あらかじめ警察庁に道路使用許可を取ることが望ましいといえます。
道路使用許可を取るにはいくつかの条件があり、のぼり旗の設置によって歩行者または自動車の死角が出来ない・道路を寸断することがない・予期せぬ事故がおこないことの3点をクリアしていれば許可を取ることが可能です。

警察官が実際に現場を訪れて設置する場所を確認するので、必ずお店の責任者が立ち会う必要があります。
また、当初設置していた場所から後日別の場所にのぼり旗を移動させる際も、改めて警察庁に報告する義務が生じるので注意してください。もし設置しているのぼり旗が原因で事故が発生した場合は、その後は道路使用の許可はおりません。設置をして安全面も十分に考慮するには、なるべく小さなのぼり旗で目立つものがいいでしょう。

ご自身のお店の宣伝第一というよりも、道路を行き交う方々の安全を第一に考える設置が大切です。

新鮮 魅力的 オリジナル性 犯罪の防止 色鮮やか ソフト シチュエーション 商店街 sitemap