Nobori

 旗を魅せる

copyright © 2016 広告媒体としてののぼり旗の効果

last updated :

    犯罪の防止を標榜して、のぼり旗を設置する場合には、旗に書き込む言葉をよく考えることが必要です。
    犯罪者は自分が行う犯罪が見られている、警戒されていることが一番抑止力になります。


    たとえば、子どもの誘拐を考えているときに、のぼり旗で、子ども見守り警戒実施中や
    年末防犯パトロール中などと、のぼり旗に書かれていと
    犯罪者は委縮して犯行に及ばない場合が多くあります。

    自分の心の中を見透かされている思った瞬間、犯罪は起こせなくなります。
    設置範囲も重要です。

    運転中

    店舗の宣伝用ののぼり旗とは違う意味なので、集中して設置する必要がありません。
    街角の一定距離離れた間隔で十分効果があります。

    街の一角

    犯罪者が街を歩いているときに、ここにもある、あそこにもある、と思わせることが重要です。
    この地域のどこに行っても犯罪を防ごうとする人の目があることを感じることでしょう。


    次に注意することは、のぼりが古くなったら速やかに交換することです。
    旗は布やビニール製のため端部から切れていきます。
    切れて解れた古い物をそのまま掲示していると、みんなの注目が低くなったと思われやすくなり、防犯効果が低下します。

     

新鮮 魅力的 オリジナル性 犯罪の防止 色鮮やか ソフト シチュエーション sitemap