Nobori

 旗を魅せる

copyright © 2016 広告媒体としてののぼり旗の効果

last updated :

    のぼり旗は、外からお客を呼び込むためのもの店外での設置が普通です。
    そのためにできる限り目立つものにする必要があります。


    置く場所も店内の敷地の入り口付近になり、店内敷地だけでは目立たないため
    どうしてものぼり旗は、店内の近隣の歩道にかかる置き方になります。
    のぼり旗のサイズ感についてはこちら。


    しかし歩道は私有地でないことも多くまた私有地であっても
    一般的に人が往来するのでスペースが問題になります。


    これには道路交通法の関係上設置のルールがあります。
    この場合には道路使用許可を取らないと設置できません。
    その許可の基準としては、まずは道路往来の妨げにならないことがあります。
    co-creativity.org


    道路を寸断するあるいは倒れることで、通行人への
    事故の発生の可能性がある場合には許可がおりません。


    またこののぼり旗を設置することにより、往来する車に死角を作ることで
    交通事故を発生させる場合にも道路使用許可はおりませんので、
    設置を可能にしたい場合にはなるべく小さくて邪魔にならないが
    目立つものをお勧めします。

 

 

新鮮 魅力的 オリジナル性 犯罪の防止 色鮮やか ソフト シチュエーション sitemap